ロミロミ

ハワイ諸島

400万年もの昔から火山活動を続けてきたハワイ諸島。
中でも一番新しくエネルギーに溢れる島「ビックアイランド」ハワイ島は、現在も溶岩が海に流れ落ち新しい大地を作り続けています。
そのハワイ島で生まれ、火の神ペレと共に何世代にも渡って伝えられてきたハワイ伝統のヒーリング、それがロミロミです。

ハワイ語で「揉む・マッサージする・手から伝わる愛情」という意味を持つロミロミは、かつては王族のみが受けられ、身体と心を癒すマッサージであると共に「神聖な儀式」とされていました。
その技術と知恵は家系ごとに選ばれた者のみに語りつがれ守られてきた”門外不出”のヒーリング療法だったのです。 

1970年代、その掟を破り、ロミロミの手法をアンティ・マーガレット・マシャドが一般の人々に語り始めたのがはじまりといわれています。

ロミロミの特徴

ロミロミの特徴

古代ハワイでは、「自然と人間」「肉体と精神」は互いに影響を及ぼし合っていると考えられ、施術者は施術前に必ずプーレイを行い、心を無にして気を整えます。そして自然の恵みに感謝し、「相手も自分もお互いに癒されますように…」と祈ります。
さらに施術をする上で欠かせない”アロハスピリット”、それは相手を思いやり愛を持って接する気持ちです。

ロミロミ、フラ、レイの交換など形は違っていてもハワイに長い間伝えられてきたものにはこの精神が息づいているのです。
肉体の痛みは、精神と深く関わっている場合も多く、身体だけではなく心の緊張も同時にときほぐすことが重要と考える”ロミロミ”は、まさに深いリラクゼーション効果が得られる最もスピリチュアルなヒーリングと言われているのです。
現在の”ロミロミ”は、代々ハワイの家で守られてきた技法とアロハスピリットを受け継ぎながら、今の時代に合わせた手法で心と身体の疲れを癒していきます。

ロミロミの技法

ロミロミ

前腕などひじから下全体を使う独特な技法で天然のオイルを使い、手のひらを密着させることにより、包み込まれるような深く気持ちいい刺激を得ることができます。

手や指の力で揉むのではなく、呼吸法を用い、自分の体重を利用してフラのように腰から身体を動かしていきます。

ロミロミの効果

血液の循環を促進させリンパの流れを促すことで新陳代謝が高まり、老廃物を体外に流しやすくします。
また内蔵本来の機能を向上させ人間が持つ「自然治癒力」も高まります。

  • 血液やリンパの流れが良くなると、硬くなった筋肉がほぐれ凝りや冷え、むくみが取れやすくなります。
  • 内蔵機能が高まり、便秘解消にも効果が期待できます。
  • 新陳代謝が高まると基礎代謝が上がり、痩せやすい身体になります。

ロミロミの伝承者

”アンティ”の愛称で親しまれているアンティ・マーガレット・マシャドは1973年、それまで血族内の継承という禁を破り、初めてロミロミの手法を家族以外に語り始めたロミロミの最高権威であり、何年も何十年もかけてクム(kumu)と呼ばれる先生から古代の知恵を学び自身の技術を完成させてきたロミロミのカフナ(kahuna)です。

現在ハワイで活躍しているロミロミセラピストが教えを受けた先生を辿っていくと、必ずこのアンティに行きつくほどのロミロミ界の神様のような存在なのです。
「ロミロミとは何か?」という問いに対してアンティは常に「Loving Touch」であると語ります。
そして、技術と同様に祈りを重要なものと考えています。アンティは85歳を過ぎた今でもハワイ島コナ・コーストで、ロミロミのテクニックとスピリットを世界各国のヒーラーに伝え続けています。

ロミロミ:¥7,000-/60分