子猫が我が家にやって来ました。

昨夜外から何やらか細い声が・・・。

懐中電灯を持って庭に出てみたけど、声はすれども

姿が見えない! 生垣の中に手を入れてみたらそこに

絡まるように子猫が・・・。思わず胸に抱いたらか細く

泣いてる子猫の温かさを感じて思わずほろりとしてしまいました。

こんなところにどうして?もしかしてもっと他にもいるのかもと

息子と周りをぐるりと探したけど、居るのはこの子猫だけでした。

まだ1か月経ってないのかな?と思う大きさ。

慌てて子猫用のご飯とトイレを買いにお店に走りました。

今日は朝から仕事が立て込んでいたので、妹に病院へ連れていってもらいました。

結果 感染症もなく、健康な1か月未満の女の子と分かりました。

まだこの子には母親の存在が必要なはずなのに・・・。

人間のエゴは弱い動物に向けられます。

生き物を飼うときは人生を共に歩む覚悟が必要です。大切な命です。

全ての生き物にとって(人間も含めて)温かな地球でありたいですね。

 

DSC_2054