週末の関東

週末関東へ出掛けておりました。

もちろん今回も神社参拝が目的でしたが、今は春休み中ですので

姪を連れての上京となりました。

都内の桜は早い所は葉桜でしたが、今回は雨にも当たらなかったようで

きれいに残りの桜が見れました。どこへ行っても桜まつりが開催されていて

久しぶりの長時間の太陽の暑さであやゆく脱水になりそうでした。

皆様も寒暖の差が激しいので体調管理しっかりされてくださいね。

 

そして・・・昨日はメインの神社参拝と意気込んで息子のアパートを5時に

出発しました。

ですが・・・みなさん・・・ニュースご覧になりましたか?

秩父の山奥は大渋滞をなり、3キロ進むのに3-4時間かかり、夕方になっても

峠の途中・・・・16時過ぎ断念して下山となりました。

( ご存知の方は多いと思いますが、4月10月の1日は神社の波動はいつもより

高まります。私は家の神棚にも4月10月の1日はいつもより多く豪華に

捧げます。) 昨日は1日で日曜日と重なったので大渋滞でした。

聞くところによると1日の深夜から整理券が配布されて午前2時に整理券を受け取った方が並んで

1日限定お守りを手にされたのはお昼を過ぎたのだそうです。5時に意気込んでと

言った私がちょっと情けないですね・・・。

 

そちらへ向かう前に1か所神社は参拝していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここがとても素晴らしいところでした。 神仏混合の神社というべきでしょうか?

もちろん神社のエネルギーなのですが、優しい波動もありで心地の良いところでした。

彫刻も素晴らしかったです。

三峰神社を諦めたので、再度帰りに秩父神社にゆっくりお参りをさせて頂きました。

ですが、この時すでに時間は夕方でした。通常は閉めてしまうだろう社務所も

私のような人がたくさんいたらしく、延長してくれていたようです。

ありがたいことですね。

下記は伝承館に合ったもののの抜粋ですが、秩父の火祭りはとても有名らしく

そこに載っていました。どうりで優しさと強さがあった訳です。。。

 

秩父神社の祭神の妙見さま(女神)と 武甲山の龍神さま(男神)の

年に一度の逢瀬の祭りで亀の子石でお逢いになるらしい

 

諏訪神社に敬意を表して その近くを通る時には

静かに進む「お諏訪渡り」という神事が今も続いている

これは  秩父神社に妙見さまがお祀りされる以前から

秩父地方に根付く諏訪信仰に由来する・・・・・

 

今回は残念でしたが、三峰神社は後日日を改めて行こうと思います。

その時は温泉も予約してゆっくりと行こうと思います。

それでは皆様良い1日をお過ごしくださいね。