高野山参り1

GWも最終日ですね。皆様はどこかへお出かけに

なられましたか?

私は3~5日と高野山へ行ってきました。

私は今まで神社を主に訪れていましたが、数十年ぶりに訪れた

京都三十三間堂で仏様の魅力に気が付き(遅いですね・・・)から

お寺も巡るようになり、ようやくの高野山参りとなりました。

GW後半の天気は大荒れと予報が出ていましたので、登山用のポンチョを

持参して出かけたのですが、大阪を過ぎたあたりから天気はどんどん

回復していき、高野山はお天気に恵まれての参拝となりました。

スタートから空海さんのご加護を感じました。

今回は高野山で結縁灌頂をして頂きました。

結縁灌頂とは、曼荼羅の世界に入り、仏様とご縁を結んで頂く真言密教に

おける最も尊い儀式です。弘法大師空海様も師匠の恵果和尚よりこの灌頂を

頂きました。 灌は注ぐ、頂は頂くの意味で阿闍梨様から一人一人仏様の知恵の

法水を頭頂部に注いでいただきます。今回私が縁を結んで頂いたのは大日如来様でした。

仏様の世界は、私たちは知らず知らずに心に溜まってしまった

塵(迷いや不安)を取り去ってくれる、そんなエネルギーを頂く場所です。

昨年までこの結縁灌頂は予約なしでも受けれましたが、あまりの混雑に

今年から予約制となりました。予約をしていたので、灌頂を頂くまで、あっという間かな?と

思っていましたが、入檀して僧侶に導かれて儀式を終えるまで約2時間ほどかかりました。

この結縁灌頂は5月3~5、10月1~3日と1年に6日間だけ受けられる儀式となります。

仏様の世界は心が穏やかになりますよ。 戻ったばかりですが、まだ直ぐにでも

行きたいなと思う程素晴らしい場所でした。

灌頂を頂き、当日は宿坊に泊まり、翌日は朝のお努めに参加してから、いよいよ奥の院参拝へと

続きます。それはまた後日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではGW最終日良い1日をお過ごしくださいね。