聖なる樹

みなさんは毎朝 窓を開けて空気の入れ替えをしていますか?

人は夜寝ている間に’’気’’を充電します。 それでは、要らない

’’気’’はどこへ行くのかというと、ホコリのように部屋の隅っこや

ベッドの下などに溜まっています。

なるべく朝掃除するときは窓を開けて部屋の空気を入れ替えてくださいね。

毎日掃除はしないのだとけど・・・と言う方も是非窓を開けて新鮮な空気を

部屋に入れてくださいね。それだけども空気はスッキリします。

 

窓を開けて空気を入れ替えるだけでもOKなのですが、

もっと丁寧に家に運気を上げていくには、お香を焚くこともお勧めです。

私の場合はほとんど毎日セージを使いますが、たまにフランキンセンスや

パロサントを使います。

今日はこのパロサントについてのお話です。 パロサントは和名では聖なる樹と

呼ばれています。 下記の写真のパロサントはエクアドル産です。

 

 

 

 

 

 

エクアドルではパロサントは苗木から大切に大切に育て、自然を守りながら

20年以上経って、自然に枯れてしまったパロサントだけど伐採して

使用しています。長い間、インカ帝国のシャーマンはこのパロサントを

儀式に使ってきました。今でも伝統的な儀式ではパロサントを使用しいます。

火を付けると甘い香りが立ち昇り、悪霊を祓い幸せを呼び込むことから

今でも使用されています。

スティックをそのままお風呂に入れたり、削って火を付けて浄化に使用したり

そのままベッドサイドに置いて寝ている間に身を守るためにも使う事が

できます。

気になる方はサロンのお越しくださいね。