2018年 あなたにとってはどんな年でしたか?

師走の慌ただしい東京から無事に戻りました。

東京駅は人・・人・・・人でした。

誰もが待っている誰かの元へこれから向かいますと言う

ような感じでした。 新幹線で隣になった1歳2か月の

お子さんを抱っこした方とお子さんをあやしながら一緒に郡山まで。

縁とは不思議です。

 

さて、さて、あなたにとって2018年はどんな年でしたか?

良かったです。と、◎の方も、

まぁまぁです。並の方も

きつい年でした。と言う方もいたことでしょう。

 

大変な年でした・・・と言う方へ。

’’苦難を堪えた先には幸せがある’’と考えると大変です。

これはかつて支配者が庶民を洗脳する罠でした。

その考えでいると、苦痛を乗り越えたら また苦痛が待っています。必ず。

自分が楽しく『陽の気で満たされて』生活を心掛けることは大事ですよ。

あなたにも才能はある、今は夜明け前、本当の勝負に出る時まだ先にある。

今は準備段階、でも怠らないで・・・と言いたいです。

新年に向けて家を掃除して、空気を入れ替えて、お花を飾って

目に見える景色を変えてみることでも変化がありますよ。

 

2019年は御代も変わります。

この’’日本’’と言う国が滅びずに残ってきたのは、日本の天皇は

悪政で民と対立するのではなく、民のために祈ってきたから

ではないでしょうか? そのことを私たち民も理解して

いたから続いてきた。それが日本と言う国ではないかと思います。

祈りの国ですね。

2019年は神話の話なども、聞いてみたいと言う方へ

少しずつしていこうかなと思っております。

どの国でも自国の神話の話を12歳くらいまでに勉強したり

読み聞かせをしてもらったりするそうです。自国の神話を

知らずに育ってしまうとその国は遠からず滅びると言われています。

大変なことと思わず、楽しくお話できたらいいなと思っています。

 

2018年も皆さまに大変お世話になりました。

日々精進をして参りますので、2019年もどうぞよろしく

お願い致します。

 

皆様良いお年をお迎えください。