終わりと始まり

おはようございます。GWが始まりましたね。

皆様は10連休はどう過ごされるのでしょうか?

少し寒い連休になりそうですから、体調崩されませんように

良い時間をお過ごしくださいね。

 

この連休中に間もなくですが、’’平成’’と言う時代が終わり

新しい元号’’令和’’の時代が始まりますね。

西暦とは違い、和暦と呼ばれている元号の始まりは

いつからだかご存知ですか? 始まりは飛鳥時代まで

遡ります。孝徳天皇の御代’’大化’’から始まります。

私たちの住む日本は最初の元号の’’大化’’が制定されてから

これまで231個もの元号が制定されてきました。改めて231と聞くと

時代の流れを感じずにはいられませんね。

日本では明治以前には、天災や飢饉、疫病また彗星の出現など

不吉だと考えられていた出来事があった時にも改元されてきました。

明治からは皇位を継承するときに改元されることになりました。

 

日本には歴史を振り返るときに特定の時代は元号で振り返りますから

それだけ深く深く根付いているものなのですね。

平成と言う言霊の中で平和に全てが叶いますようにと願い、広がりを

感じる時代から今度は令和の言霊に包まれてことになりますね。

 

ちょうど平成最後の日30日は月は魚座にあり、海王星と重なります。

魚座の支配星は海王星です。目に見えない物を感じるエネルギー。

夢か現実か?その境目の世界にあなたは何に思いを馳せますか?

今までの時代に感謝をし、次の時代に夢と希望を携えて進みたいですね。

皆様どうぞ良い連休をお過ごしくださいね。