山岳信仰

東京からの友人と合流して、今日は西会津へ。

新潟へは行く機会は多いのだけど、西会津は新潟までの高速の

通過点でした。初めてゆっくり街並みを歩きました。

ランチの時から地域の活性化プロジェクトについて

代表と友人の熱いトークにテンションが上がりました。

会津にも世界に向けて発信している方がいるのはスゴイですね。

地域活性化プロジェクトのメンバーの方にもお会いして、その元気の良さにも

パワーをもらいました。

芸術村を案内してもらい、そこからさらに車で30分程山の奥へ。

 

 

 

 

楢山集落のホテルへ。プレオープンの宿泊施設を見学させていただきました。

 

 

ここで集落の氏神様を案内して頂きました。

ものすご~く、良い気が流れていました。が・・・

これは集落の方が先導されての同行だったからです。もし、勝手に山へ入ったら

今回の様な歓迎はされなかったと思います。

今日の氏神様のように、祠は小さいですが、丁寧にお祭りされている祠は

とても強い気が流れています。 願い事を掛ける場所ではなく

山に対する畏敬の表れです。女性はここから先は入山することは

出来なかったのだと思います。女人禁制はどこでもあったことです。

途中には小さな池がありました。水は山からの水も流れていて

全く淀みはありませんでした。むしろ近くまで行って水に手をさらしたら

浄化になるのでは?と思いました。

氏神様だけではなく、今回は集落の方の墓地も案内されました。

墓地には無縁仏の石碑もあり、集落の方のご先祖同様に

きれいに管理されていました。不思議な集落です。

こんな風に丁寧に供養されたら、時間はかかっても

成仏するものなんだなと感じる墓地でした。

 

田んぼの真ん中から見る景色はとても素晴らしかったです。

 

 

 

 

早朝は雲海が見れるそうです。

久しぶりに近くでドクダミ草を見ました。

 

 

 

 

古事記と精麻飾りのワークショップを考えての見学でしたが

星空を見ながら、星読みの話が合う場所かも?と思いました。

希望の方がいれば ゆっくり瞑想会も取り入れて、泊りも良いかも?と・・・。

精麻飾りのワークショップは作りたいと言う方も多いので近々

サロンで開催しよう考えています。

まずは少人数で始めてみようかと・・・・。日時が決まったら

お知らせしますね。

 

今日も風が冷たいですね。体調崩されませんように。