冬至・・・内なる声を聞く

今年の冬至は明後日22日の日曜日ですね。

冬至とは、二十四節気でいうと、1年の中で最も夜が長く、昼が短い日のことです。

実際、太陽の出ている時間が短くなるますから、陽の力が弱まる日とも

言えます。

 

古代では冬至を1年の始まりとして先祖を祭る習慣もありました。

陰極まり陽に転ずると言う、言葉があるように陰と陽が反転する分岐点と

捉えることができます。冬至を過ぎると徐々に太陽の出ている時間が少しずつ長くなり、

静かに春を迎える準備が始まります。

 

長い冬の間に大地が栄養を蓄え春の準備をするように、私たち人間に起こる

辛い事、悲しい事もいつか過ぎ去り、心に春のような温かさを取り戻していくような、

エネルギーの転換期が冬至なのです。

動物が冬眠に入るように、植物も眠りにつくように、静かな冬の時間は

私たち人間にも心に静寂を取り戻し、無になる時間も大切だよ、と教えてくれているのかも

しませんね。 いつの間にか、あれもしなくちゃ、これもしなくちゃと

慌ただしく過ごしている あなたも冬至の日はゆっくりと

暖かな部屋で静かに自分の心と身体を休ませる時間も必要かもしれませんよ。

 

良い休日をお過ごしくださいね。